June 25, 2016

本日午前中に納品を終え、午後より木工機械の整備です。
木工家ならばみなさん木工機械の整備が出来ます!と言うより出来ないと仕事になりません!刃物が切れなくなると加工精度も悪くなりキックバックなどの材料が飛んだり挟まったりと危険性も高くなる為、きれなくなる前に刃物を交換します。
刃物を交換する際はシビアな調整を必要とする為、専用の道具を使用します。
それが、、、
ババババッババ~(どらえもんの音)
セッチングゲ~ジ~


精密な道具な為フカフカの木箱に収納されてます^ ^


こんな感じで刃物の左右の高さを合わせます。
左右誤差0.1ミリ以下に...

March 31, 2016

工房では小さなテーブルを制作中です、と言うより制作の準備をしております今回の作品は脚が丸な為旋盤と言う機械を使います、旋盤とは角材を横向きに機械で回し大きなノミで削って丸い棒にする機械、通常木を加工する際木の木目に沿って刃物で削るのですが、旋盤と言う機械は木の繊維に直行するように削ります、しかも回っている材料に刃物をあてるので、刃先には強い力が掛かり刃の切れがすぐに悪くなります、その為加工中はこまめに研ぐのですが、これがなかなか難しい!通常木工てま使用する刃物は砥石を使ってとぐのですが、この旋盤用の刃物は強い負荷に刃先が負けないよう...

March 30, 2016

ベルトがちぎれました汗
太ったわけではありません!機械のベルトの話。
今日は半日機械整備をしました、木工を始めて思ったのが、木工の知識はもちろんですが同じくらい機械に関する知識が必要という事‼︎
手作り家具を作る際9割ぐらいは機械による加工をします、機械も沢山の種類があり、切る機械や削る機械掘る機械などなど、その機械全てのメンテナンスを1人でやってますので、整備しはじめると半日はあっという間 汗
ただ今日は一台の機械に半日ほど時間を費やしてしまいました(ーー;)
横切り盤と言う工房で一番大きな機械、その横切り盤のベルトが数日前に切れ...

April 22, 2015

木工にはたくさんの道具、機械を使用します、200Vの大型機械から鉋、ノミなどの手工具など、姿形は違えど全てにおいて言えることは、いとも簡単に指を切る、又は怪我をする能力をそなえているという事です。特に昇降盤と言う、テーブル定盤に刃が昇降し、刃と平行して付く定規に沿って材料の幅を決めたり、溝を切ったりする機械があるのですが、木工機械の中では一番危険な機械の一つかと思われます、というのも材料を加工する際に材料を押し進める手と高速回転する刃物との距離が近いからです、機械が危ない、怖い物だという事は、危険性を教えられた時は注意すると思います...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 2, 2017

March 31, 2017

March 30, 2017