鉋を作る 南京鉋編


工房で使用する面取り鉋、その中でもRのキツイ面、又は隙間がなく鉋が入らないばしょで活躍してくれるのが南京鉋です。 実は私が一番好きな鉋だったりします! 南京鉋は刃口と刃角の微妙な調整がダイレクトに指に伝わるためか削っている感が強い様に思います!スプーンの削りから曲線のRの底など、これじゃないといけない場面は度々。 今回はその南京鉋の面取り用に15㎜をつくります、鉋を作るときは様々な治具を使用します、南京鉋を作る上で一番難しかったのが馴染み面‼︎木の繊維に対し平行傾斜して刃を入れるためノミをしっかりと研いで臨みました…が、大きくカゲてしまい、結局パテ(ホルツ)で修正することに(恥) (・_・; 今回の刃は頂き物、鋼も硬く木口の面など仕上がりも良し‼︎刃口の広がりを抑える為に少し厚めにモッコリした鉋になったが結果や如何に^ ^

福岡県糸島市の家具工房『Handmade in Fukuoka』

〒8191305 福岡県 糸島市志摩馬場195

​TEL: 092-332-7864 FAX: 092-332-7864

WEB:http://www.handmadeinfukuoka.com

E-mail:info@handmadeinfukuoka.com

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by The Handmade in Fukuoka.

​〒819-1305 福岡県糸島市志摩馬場195