鋸新調

工房での家具製作には多くの道具、機械を使います 機械は滅多なことでない限り買い換えはしないのですが、手工具に関しては消耗していったり加工によっては専用の物が必要になります。 私は修行中、将来的に独立し手工具が必要になった際自分で作れる様に鉋を作る練習しました、 今道具棚に並ぶ鉋はほぼ自分好みに仕立てた物です、ノミに関しては最初に揃えた以外、蚤の市や金物屋さんで買ったものをグラインダーで整形し専用ノミにしていたりします。 そんな手工具の中で今回ノコギリを新調しました!(流石にノコギリまでは自作出来ません…) 新たな鋸がこちら~

白銀順太郎(右)です。 因みに左が職業訓練校で買った別所二郎9寸 見た感じはほぼ変わりは無いですが、白銀順太郎の方が全体的な張りが強く、調子(しなりの支点)が先寄りな為かコシの強さを感じます。 あと、挽いてみて感じるのが鋸クズの排出が良い!なので、角度修正もしやすく非常に使いやすい道具だなぁと思いました。

今回の加工は桐材です。 これからノミで一差しし仕上げて行きます! 白銀順太郎、おすすめです!

コメント、御意見などなんでもお気軽におよせくださいませ^^

福岡県糸島市の家具工房『Handmade in Fukuoka』

〒8191305 福岡県 糸島市志摩馬場195

​TEL: 092-332-7864 FAX: 092-332-7864

WEB:http://www.handmadeinfukuoka.com

E-mail:info@handmadeinfukuoka.com

特集記事