多分木工あるある

と言うより木取りあるある。 今日は木取りをしています、 木取りとは製材された板から適材適所、無駄を出さない様振り分けて行く作業です 毎回頭を悩ませるのですが、今朝は特に悩んでおります、 これもしかしたら木工あるあるかも?(うちだけかな?)しれませんが、朝からとある材種の板目の板を探してるのですが、それがなかなか出てこない(・_・ 通常、製材の関係で板目の方が多く、探すほどでは無いのですが、今日は何故だか引っ張り出した材料がことごとく柾目なのです…… しかも探すときは出てこない様なスーパー柾目などなど…もしや、こちらの意図を知って隠れてるのかい?? 今日探している材料と言うのが、国産材の古材と呼ばれる板で、製材後2~30年天然乾燥された材料なので、表面はススなどで汚れてて見分けがつかない為、工場に運んで目を凝らしては返品の繰り返し…そろそろ腰がいたいぞーーー

探すと隠れる板目、そして柾目。 多分木工あるあるでした。

福岡県糸島市の家具工房『Handmade in Fukuoka』

〒8191305 福岡県 糸島市志摩馬場195

​TEL: 092-332-7864 FAX: 092-332-7864

WEB:http://www.handmadeinfukuoka.com

E-mail:info@handmadeinfukuoka.com

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 by The Handmade in Fukuoka.

​〒819-1305 福岡県糸島市志摩馬場195