0

© 2016 by The Handmade in Fukuoka.

​092-332-7864

Find us on Facebook

​〒819-1305 福岡県糸島市志摩馬場195

多分木工あるある

November 30, 2016

 

と言うより木取りあるある。
今日は木取りをしています、
木取りとは製材された板から適材適所、無駄を出さない様振り分けて行く作業です
毎回頭を悩ませるのですが、今朝は特に悩んでおります、
これもしかしたら木工あるあるかも?(うちだけかな?)しれませんが、朝からとある材種の板目の板を探してるのですが、それがなかなか出てこない(・_・
通常、製材の関係で板目の方が多く、探すほどでは無いのですが、今日は何故だか引っ張り出した材料がことごとく柾目なのです……
しかも探すときは出てこない様なスーパー柾目などなど…もしや、こちらの意図を知って隠れてるのかい??
今日探している材料と言うのが、国産材の古材と呼ばれる板で、製材後2~30年天然乾燥された材料なので、表面はススなどで汚れてて見分けがつかない為、工場に運んで目を凝らしては返品の繰り返し…そろそろ腰がいたいぞーーー

 


探すと隠れる板目、そして柾目。
多分木工あるあるでした。

 

福岡県糸島市の家具工房『Handmade in Fukuoka』

 

〒8191305 福岡県 糸島市志摩馬場195

​TEL: 092-332-7864
FAX: 092-332-7864

 

WEB:http://www.handmadeinfukuoka.com

E-mail:info@handmadeinfukuoka.com

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 2, 2017

March 31, 2017

March 30, 2017

March 30, 2017

March 19, 2017

March 15, 2017

March 6, 2017

March 3, 2017

March 1, 2017

Please reload

アーカイブ