木の思い出

寒い日が続きます 今朝の気温は-1度まで下がり工房内も機械に触ると痛いぐらい冷え冷えになっております 今日工房では木取り作業をしております、一枚の板から適材適所を判断し切り分けて行く作業です 今回はシイノキです

椎木は病気などの影響により周りに黄色のシミが入った板を目にすることがあります、実はこの黄色のシミが入った板には個人的に思い入れがあり、大好きな部分でもあります 私が修業中、最初に作らせていただいたのが丸い4本足のスツールだったのですが、その際座面の材料として選んだのが今回と同じ黄色のシミが入ったシイノキでした。 当時、展示会前で展示会にて販売する為に作らせていただいたのですが 展示会会期中、若いご夫婦が来店され、シイノキのスツールを気に入って頂き、買っていただけた時はとても嬉しく今でもその時の事はハッキリ記憶しております。 時期は初春、若いお二人にお似合いの黄色と白のスツールを抱えて嬉しそうに帰る姿を思い出していたら少し暖かくなりました。 しかし心はあたたかいが体は寒… だってー1度だもん。

コメント、御相談などなどおよせください^^

福岡県糸島市の家具工房『Handmade in Fukuoka』

〒8191305 福岡県 糸島市志摩馬場195

​TEL: 092-332-7864 FAX: 092-332-7864

WEB:http://www.handmadeinfukuoka.com

E-mail:info@handmadeinfukuoka.com

特集記事